【保存版】クレンジングの選び方|メイクの濃さ×肌質×テクスチャがカギ

目黒麻里
  • ドラックストアには、様々な種類のクレンジングがずらっと並んでいますよね。どれが自分にぴったりのクレンジングなのか悩んでしまうことでしょう。

     

    今回もは化粧品メーカーのP.S.INTERNATIONAL (ピー・エス・インターナショナル)目黒さんといっしょに、自分に適したクレンジングの選び方をマスターしていきましょう!

     

    もう、商品棚の前でクレンジングとにらめっこしなくても大丈夫!

    それでは早速見ていきましょう!

    目黒さんアイコン アンチポリューションコスメAPOCOS目黒麻里

    大学卒業後化粧品メーカーに6年間勤務。美容部員としてエステやメイクを行うだけでなく美容学生や美容師に向けて行う毛髪や皮膚知識のフレッシュマン研修にも携わる。現在はP.S.InternationalにてアンチポリューションコスメAPOCOSのブランドマネージャー、美容インストラクターを務める。

    真里菜ーほほえみ笑顔アイコン lentement編集部 真里菜(まりさん/36歳/脂性肌)

    lentementの取材・企画担当。ばっちりメイクをしても、肌の油ですぐに崩れてしまうので、お直しグッズの持ち歩きは必須。最近は毛穴の開きや黒ずみに悩み中。美容系雑誌やSNSで常に情報収集をしているので、話題のスキンケアやコスメは一通り試している。ビールと手羽先が大好きな、エネルギッシュバリキャリ姉御女子。「世の中にたくさんあるアイテムの中から、本当に効果のあるものを見つけ出して、読者の皆様にお伝えします!」

  • クレンジング選びで知っておきたいこと

    真里菜ー悲しそうアイコン
    クレンジングって製品数が多いので、どれを選べばいいのか迷っちゃいますよね。。
    目黒さんアイコン
    クレンジング選びで大切なことは、「汚れとクレンジングの相性」を知ることです。

    例えば、メイク崩れしにくいファンデーションは、落ちにくい成分(シリコーンなど)を配合しているものも多いので、洗浄力がマイルドなクレンジングを使用すると、汚れが落ち切らず肌トラブルを引き起こすことがあります。

     

    逆に、薄いメイクをしているにもかかわらず、洗浄効果が高いクレンジングを使い続けることで、乾燥や敏感肌になってしまうケースもあります。

     

    クレンジングは、基本的に油性成分、水性成分、そして、水と油を乳化させる界面活性剤で作られ、これらの成分の質や配合量によって、テクスチャや洗浄力が変わってきます。

     

    まずはご自身の肌のタイプとメイクの濃さに適したクレンジング選びをマスターすることが、美肌に近づく第一歩です。

    テクスチャごとの特性

    真里菜ーほほえみ笑顔アイコン
    なるほど!クレンジングと言っても、オイル、バーム、ミルクとテクスチャは様々ですよね。それぞれの特性を教えてください!
    目黒さんアイコン
    ここではオイル、バーム、ミルク、クリーム、ジェルの5種類に焦点を当て、解説していきます!まずは以下の表でざっくりと肌タイプ別のおすすめクレンジングを確認してみてください。
    洗浄力 敏感肌 乾燥肌 普通肌 脂性肌

    インナードライ(混合)肌

    オイル 5 × × ×
    バーム 4
    ジェル 4 × ×
    クリーム 3
    ミルク 3

    *1〜5段階で1に近いほど洗浄力は弱く、5に近いほど強い

    目黒さんアイコン
    各テクスチャの特徴をご説明しますね。

    洗浄力抜群!オイル

    オイルタイプのクレンジングは、一般的には油性成分(オイル)と界面活性剤を配合したものを言います。

    メイクは油性の汚れなので、オイルとよくなじみ、擦らなくても高い洗浄効果を発揮します。

    密着性が高いウオータープルーフの日焼け止めやファンデーションを使っている場合でも、

    強力に汚れを落とすことができます。

     

    オイル自体にもメイクを落とす働きがありますが、それのみだとベタベタして洗い流せないので

    水と油をなじみやすくする界面活性剤で乳化させて洗い流します。

    ☆ワンポイント☆

    オイルタイプのクレンジングは、お肌に軽くなじませ擦らないようにする。

    洗浄力と保湿を両立!バーム

    クレンジングオイルに保湿成分を混ぜバーム状に固めたものです。手の温度でオイル状に戻して使います。

    オイルに比べ洗浄力は多少マイルドになりますが、肌に優しくしっとりするのが特徴です。しっかりメイクを落としたい、けれど乾燥も気になるという方にオススメです。

     

    一方でクレンジング後、保湿成分が肌に残っているのか、汚れがしっかり落ちていないのか判断が難しいことも。すすぎの回数の目安は2030回、しっとり感が残りつつ、ヌメヌメした感じがなくなり、肌の上を指がスムーズに滑るような状態になっていればオッケーです!

    肌負担を軽減!クリーム

    クリームタイプはオイルタイプに比べ、界面活性剤の作用もマイルドで、無理なく汚れをオフします。

    比較的、弾力のあるテクスチャで、肌に必要以上に摩擦を与えることなく、汚れを包み込むように落とすことができます。肌に優しく乾きにくいのが特徴です。

    ☆ワンポイント☆

    クリームタイプのクレンジングは、メイクの上から優しくマッサージするように使うのがポイント。メイクの油性成分がクリームの中の油性成分と混ざり合い、メイクが浮いた状態になったら洗い流します。

    乾燥肌におすすめ!ミルク

    クリームタイプよりも水溶成分が多く含まれるため、水に溶けやすく洗い流しやすいのが特徴です。

    洗浄力はマイルドなものが多いので、たっぷりの量で丁寧になじませましょう。

     

    ただし、ウオータープルーフなどしっかりしたメイクをされる方は、ポイントメイクリムーバーなどを使って先にアイメイクを落としておく方が良いでしょう。

    ☆ワンポイント☆

    ミルクタイプのクレンジングも、メイクの上から優しくマッサージするように使うのがポイント。メイクの油性成分がミルクの中の油性成分と混ざり合い、メイクが浮いた状態になったら洗い流します。

    タイプによって使い分け!ジェル

    ジェルタイプのクレンジングは、一般的に水性、油性の2種類があります。

    水性タイプは、メイクなどの油性成分を界面活性剤が包み込み落とすので、比較的洗浄力があり、どちらかと言うと脂性肌向きです。

     

    べたつく時期など、すっきりと洗い上げたいときには最適ですが、乾燥や敏感な状態には注意が必要です。

    一方油性タイプは油性成分(オイル)をジェル化したもので、水性ジェルタイプに比べるとテクスチュアに少し重みがあります。基本的にオイルタイプと同様で高い洗浄効果があります。

    真里菜ーほほえみ笑顔アイコン
    肌タイプやメイクの濃さなどによって、最適なテクスチャを選ぶ必要があるんですね。

    そもそも私の肌タイプは?

    真里菜ー真剣真顔アイコン
    読者の中には、「自分の肌タイプが分からない」という方もいると思います。見分け方を教えてください!
    目黒さんアイコン
    では、まずはそれぞれの肌の簡単な特徴を見てみましょう。

    敏感肌

    つっぱり感、ヒリヒリ感が起こり、外部環境で敏感になりやすい肌です。ほとんどの場合は皮脂量が少ないので乾燥していると感じることも多いです。

    乾燥肌

    肌の水分量の減少によって、カサカサとした状態になる肌です。同様に油分も不足しており、シワなどの肌ダメージに結びつくことが多いのが特徴です。

    普通肌

    うるおいにより適度なツヤがあり、なめらかな肌です。  毛穴はTゾーンくらいしか目立たない状態です。

    脂性肌

    水分量、皮脂量とも多い肌質です。テカりやベタつきが起こりやすい特徴があり、メイクが崩れやすく、毛穴の開き、詰まり、黒ずみが気になる方は脂性肌の場合が多いです。

    インナードライ肌

    皮膚の表面は皮脂でベタついているのに、角層の水分量が不足していて乾燥している状態です。一見脂性肌に見えても、肌の水分量が少なく、ごわつきや皮ムケが生じている場合はインナードライの可能性が高いです。

    目黒さんアイコン
    実は、日本人の7割はインナードライ肌であると言われているんです。そして、自己判断で一番間違ってしまう方が多いのがこのタイプ。ベタベタするから脂性肌、と考えてしまいがちなんです。
    真里菜ー真剣真顔アイコン
    見分け方はありますか?
    目黒さんアイコン
    皮脂の量が多いと感じていて、クリームやベースを塗ったときにポロポロとした塊が出てしまう人は、インナードライ肌の可能性大です。

    ポロポロが出てしまう原因は、肌内部の水分不足にあります。肌内部の水分が不足すると、クリームやベースなどの成分が浸透せず、肌になじまないためモロモロとした塊が出てしまうんです。

    肌診断アプリも使える!

    真里菜ー真剣真顔アイコン
    もし、先ほどの説明でもわからなかった場合はどうすればいいですか?
    目黒さんアイコン
    アプリで診断してみるのも一つの手かもしれないですね。

    viewty 

    スマホで撮影した写真から、肌タイプや現在の肌の状態をAIがスコア化してくれるアプリです。

    現場で活躍されている美容のプロ200名以上の知見をAIに学習させおり、正しい診断結果が期待できそうです!

    肌タイプに合わせた化粧品をレコメンドしてくれる機能もついています。

    viewtyが気になった方は、こちら!

    肌パシャ

    うるおい、ハリ、透明感の三要素のほか、肌の気になる部分を個別の測定で多角的に表示してくれるアプリです。

    総合的な面からの肌測定と、細やかな部分部分の分析を行ってくれます。

    肌パシャが気になった方は、こちら!

    現代ならではの便利ツールも使用して、自分の肌タイプを正しく認識しましょう!

    クレンジングを選ぶときに考えるのは肌タイプとメイクの濃さだけ?

    真里菜ーほほえみ笑顔アイコン
    肌タイプやメイクの濃さ以外に、考慮すべきことはありますか?
    目黒さんアイコン
    ずばりライフスタイルです。

    例えば、毎日忙しく会社に行き、バリバリと働いている女性。そのような方は外気に触れる機会が多い上、ホルモンバランスが乱れがちなんです。そのような条件が重なると皮脂の分泌量が増えがちです。メイクもバッチリフルメイクとなれば、なおさら肌の上には油溶性の汚れが。

    そのような方はしっかり汚れが落ちるオイルタイプがオススメです。

    真里菜ー驚きアイコン
    なっなんだか私のことを言われているよう…(笑)まさしく、皮脂分泌が多いので、オイルタイプを常用しています!
    目黒さんアイコン
    逆に、お家にいることが多い主婦の方。シンプルなメイクが基本で、食事もあまりオイリーなものは好まない。そのような方でしたらミルクやジェルがぴったりですね。

    このようにご自身のライフスタイルや食生活、ホルモンバランスなども考えてクレンジングを選ぶことが重要です。

    何種類かタイプの異なるものを常備しておいて、その日のコンディションに合わせて使ってもいいですね。 

    これはやめて!避けたいNGポイント 

    真里菜ーほほえみ笑顔アイコン
    ドキッとするタイトルですね(笑)早速教えてください!
    目黒さんアイコン
    一番NGなのが、シートタイプのクレンジングを常用することです。肌にとって最悪な摩擦を避けられず、汚れを擦り込んでいるようなものですから。ふき取り式のクレンジングウォーターなども同様ですね。

    もちろん、完全に悪いものではありません。例えば急なお泊まりや、どうしてももうメイクを落とす力が残っていない疲れ切った日に使うのは問題ないでしょう。

    しかし日常的に使うのは絶対にやめてくださいね。肌が弱ってしまいます。

    目黒さんアイコン
    それから、W洗顔不要のクレンジングにも注意が必要です。

    こちらは水溶性、油溶性の汚れ両方が落ちるような界面活性剤の配合なので、洗浄力が強くなってしまいがちなんです。

    こちらも時間がないときのお助けアイテムのような位置づけで使用するのがオススメです。

    クレンジングの使い方も重要

    目黒さんアイコン
    ここまで選び方についてお話ししてきましたが、クレンジングにおいて「何を選ぶか」以上に肝心なのは「どのように使うか」です。
    真里菜ー悲しそうアイコン
    正しいアイテム選びができていても、使い方が誤っていれば水の泡ですもんね。。

    あなたの行っているクレンジングの使い方が正しいか、合わせて確認してみてください。

    >>>クレンジングの正しい使い方については、こちらも参考にしてください。

    <関連記事>

    NEW
    【クレンジングの使い方完全版】1割しか知らない正しい使い方&洗顔との違いも

    肌質やメイクの濃さ、ライフスタイルを考慮して、最適なクレンジングを選ぼう

    クレンジング選びにおいて大切なのは、

    • クレンジングの種類ごとの特徴を把握
    • 自身の肌タイプを正しく認識
    • ライフスタイルも考慮

     

    という3つの観点でした。

    クレンジングは、化粧水のような入れるスキンケアとは異なり、不要なものを取り去ることができる唯一のケアです。

    この機会にご自身のクレンジングを見直して、美肌に近づきましょう!

  • この記事を書いた人
    目黒麻里
    アンチポリューションコスメAPOCOS
  • FOLLOW
    lentementの公式SNSをフォロー
    ABOUT
    お気軽に
    お問い合わせください
    向上心に火をつけ、サポートしていく
    ライフスタイルメディア