クレンジングする意味って何?何気なく行っていたクレンジングを再考しよう

目黒麻里
  • スキンケアのはじめとして必ず行うクレンジング。しかし日常的に何気なく行っている方も多いのではないでしょうか

    今回も化粧品メーカーのP.S.INTERNATIONAL(ピー・エス・インターナショナル)で販売や商品開発に携わる目黒さんにお話を伺いながら、クレンジングを行う意味を勉強していきましょう今日からあなたのクレンジングの効果が高まるはずです。

    目黒さんアイコン アンチポリューションコスメAPOCOS目黒麻里
    大学卒業後化粧品メーカーに6年間勤務。美容部員としてエステやメイクを行うだけでなく美容学生や美容師に向けて行う毛髪や皮膚知識のフレッシュマン研修にも携わる。現在はP.S.InternationalにてアンチポリューションコスメAPOCOSのブランドマネージャー、美容インストラクターを務める。
    景子ーほほえみ笑顔アイコン lentement編集部 景子(けいちゃん/28歳/普通肌)
    lentement商品や口コミ集め・商品撮影担当。季節や生理周期などによって油っぽくなったりかさついたり肌質が変化する。そのため同じアイテムを使っても、しっくりくる日とこない日がある。最近はTゾーンの毛穴が気になってきた。スキンケアやコスメは、一度ネット上でランキングや評価を確認してから買うタイプ。「いつまでも綺麗でいられるようなアイテムや美容法を取り上げていきます!」
  • クレンジングをする意味とは?

    景子ー真剣真顔アイコン
    クレンジングは、「必ずやるもの」という意識があって、メイクをし始めてからは欠かさず行うようにはしていました。実際のところ、クレンジングを行う意味は「メイク落とし」という理解であっているのですか?
    目黒さんアイコン
    もちろんメイクを落とすことがクレンジングの最も大切な意味です。しかし実は、それ以外にもクレンジングを行う意味はあるのです。

    クレンジングは油溶性(油に溶ける性質を持っている)の汚れを落とす能力を持っています。

    つまり、メイク汚れ以外にも、毛穴に詰まった角栓や過剰皮脂などの油溶性の汚れを落とすことができるのです。

    実は、肌の上に過剰皮脂があるとそれが蓋とな化粧水や美容液の浸透を妨げてしまいます。後に行うスキンケアの効果を弱めてしまうので、そのような意味でもクレンジングは大切です。

    景子ー驚き顔アイコン
    メイクを落とすことだけがクレンジングの持つ意味ではないのですね!

    クレンジングで油汚れが落ちるメカニズム

    景子ー真剣真顔アイコン
    そもそもどうしてクレンジングは油汚れを落とすことができるのですか?
    目黒さんアイコン
    クレンジングには界面活性剤が含まれています。この界面活性剤のサポートにより油汚れが水に溶ける形に変えられることで、すすぎ落とすことができるようになるんですね。水の入ったコップに浮かべた油をイメージしてみてください
    景子ー悲しそうアイコン
    普通だったら水は水、油は油で混じり合うことはないですね。
    目黒さんアイコン
    そうですよね。しかし界面活性剤は反発し合う水と油を混ぜることができるんです。それによって、油汚れが水で落ちる形に変えられているんです。
    景子ー驚き顔アイコン
    肌の上で実は科学的なことが起こっていたんですね(笑)

    クレンジングと洗顔の違い

    景子ー真剣真顔アイコン
    クレンジングが油汚れを落とすものだということは理解できました。クレンジングの後には洗顔を行うと思うのですが、両者の違いはどこにあるのでしょうか?
    目黒さんアイコン
    落とせる汚れの違いになります。

    クレンジングは油溶性の汚れ(メイク、角栓、過剰皮脂)を、洗顔は水溶性の汚れ(汗、ほこり、古くなった角質、排気ガス、黄砂ハウスダストなど)を落とすことを目的としています。

    また、クレンジングのすすぎ残しなども洗顔によってオフすることが可能です。

    「クレンジング 使い方」「クレンジング-洗顔-違い」*肌の上にメイクと汚れが重なってついているイラスト

    このように目的が異なるため、クレンジング→洗顔のステップを行ういわゆるダブル洗顔が一般的になっているのです。

    景子ー真剣真顔アイコン
    ダブル洗顔不要のクレンジングを使っている場合はどうですか?
    目黒さんアイコン
    両方の種類の汚れを一気に落とすことができるという利便性がある反面、洗浄力が強くなってしまいがちというデメリットがあります。敏感肌や乾燥肌の方には、あまりおすすめできない製品ですね。

    >>>こちらもチェック!:意外と知らない!?クレンジングと洗顔の違い徹底解説

    <関連記事>

    NEW
    意外と知らない!?クレンジングと洗顔の違い徹底解説

    クレンジングの正しい量と使い方

    景子ー悲しそうアイコン
    ここまでのお話でクレンジングの重要性や意味については理解できたのですが、なんとなく界面活性剤=肌にとって悪いものである、というイメージがあって...。
    目黒さんアイコン
    景子さんのように界面活性剤が与える肌負担を気にされている方も多くいらっしゃるかと思います。ですが、界面活性剤による負担よりも、メイクや過剰な皮脂が肌の上に残り続けていることの方がその何倍も肌に悪いのです。

     

    正しい使い方、そして正しい使用量であれば、界面活性剤もクレンジングも悪にはなりませんので、安心してしっかり油汚れを落として頂ければと思います!

     

    景子ーほほえみ笑顔アイコン
    それでは、クレンジングの正しい使用法を教えてください。
    目黒さんアイコン
    意識してほしいのは、

    ①たっぷり使い、こすらないこと

    ②必ず「乳化」すること

    ③しっかりすすぐこと ですね!

    たっぷり使い、こすらない

    クレンジングの使用量少なと、メイクとなじませる際に摩擦が発生してしまいます。

    この摩擦がお肌にとっては大敵なのです!必ずメーカーの規定量を参考に、ケチらず使用してください。

    同じ理由でゴシゴシとこするのもご法度!ハムスターを撫でるようなタッチで行ってください。

    下記の記事では、テクスチャ別の正しい使用量を記載していますので、参考にしてください。

    >>>こちらもチェック!:クレンジングの種類、実際何が違うの?実は大きく異なる特徴をそれぞれ詳しく解説!

    <関連記事>

    NEW
    クレンジングの種類、実際何が違うの?実は大きく異なる特徴をそれぞれ詳しく解説!

    >>>こちらもチェック!:クレンジングによる肌荒れ!原因と解決法を美容のプロが伝授します 

    <関連記事>

    NEW
    クレンジングによる肌荒れ!原因と解決法を美容のプロが伝授します

    必ず「乳化」する

    界面活性剤によって汚れを変化させるのに必要なのが「乳化」です。

    オイル・バームを使ったときは必ず行いましょう。注意が必要なクレンジング料は、クリームです。適量使用、摩擦厳禁を前提として、指の滑りが悪くなる、テクスチャが柔らかい場合は乳化をしましょう。

    やり方は簡単。顔にクレンジングをなじませたら、ぬるま湯を数滴手にとって広げ、顔のクレンジングとなじませましょう。白く濁ったら乳化の合図なので、顔全体でしっかり乳化のステップを踏んでください。

     

    しっかりすすぐ

    顔をTゾーン、ほほ、あご、フェイスラインの4つに分け、各部位4〜5回、全体で20回程度すすぐといいでしょう。

    ぬるま湯を使ってきっちり落とし切りましょう!

     

    >>>こちらもチェック!:【クレンジングの使い方完全版】1割しか知らない正しい使い方&洗顔との違いも

    <関連記事>

    NEW
    【クレンジングの使い方完全版】1割しか知らない正しい使い方&洗顔との違いも

    クレンジング不足が引き起こす肌トラブル

    ニキビのある肌
    景子ー真剣真顔アイコン
    クレンジングが正しく行われていないとどのような問題が肌に起こってしまうのでしょうか?
    目黒さんアイコン
    まずその日の汚れを落としきれないと、剥がれた角質やメイク汚れが毛穴に詰まったままになってしまいます。その毛穴汚れが炎症を起こし、ニキビや肌のザラつき、小鼻の黒ずみなどの原因になります。またその残ったメイク汚れが肌の上で酸化し、シミを引き起こすとも言われています。

    さらに、除去すべき古い角質を正しく落としきれないと、肌のごわつきの原因にもなってしまいます。先ほども言ったように、クレンジングが不足していると、次のスキンケアが肌に入っていかなくなってしまうのはこの理屈です

    肌は硬くなり、くすみが発生するようになります。

     

    クレンジングが正しく行われないと、肌には様々な悪影響があるのは間違いありません。

    景子ー悲しそうアイコン
    クレンジングの重要性がわかりますね...。

    クレンジングにまつわるQ&A

    景子ー真剣真顔アイコン
    休日など、肌を思ってすっぴんで過ごすこともあるのですが、そのような時はクレンジングすべきなのかいつも気になっていました。
    目黒さんアイコン
    すっぴんでも、重ねた保湿クリームの油分や自身の過剰な皮脂でベタつきを感じてしまう時は、洗顔で落とすことはできませんので、クレンジング するべきです。
    ただし、ミルクやクリーム、水性ジェルなどの、洗浄力が穏やかなものを使用して優しく洗ってあげるのが良いですね。また、ウォータープルーフの日焼け止めを使用している場合も必ずクレンジングをするようにしましょう。

    正しいクレンジングで美肌を手に入れよう

    この記事でクレンジングを行う意味を深く理解できたのではないでしょうか?

    美肌づくりはクレンジングから!の意識で、今日から正しいやり方で実践していきましょう。

  • この記事を書いた人
    目黒麻里
    アンチポリューションコスメAPOCOS
  • FOLLOW
    lentementの公式SNSをフォロー
    ABOUT
    お気軽に
    お問い合わせください
    向上心に火をつけ、サポートしていく
    ライフスタイルメディア